黒檜山(くろびさん)赤城山の最高峰

本来の赤城山は2800mを越えていたとされ、火山によってカルデラを形成し、標高が削れて高原台地になったとされています。登山・観光のシーズンは5~10月とされ、東京の奥多摩より2~3週間程度早く木の葉が散ってしまいます。最高峰は1828mの黒檜山で、駐車場の標高は1355mになるため登山時間はそれほど長くありません。午前と午後の登山コースを分けて複数の登山できるのが赤城山の魅力になります。

赤城山について、もっと詳しく知りたい方は下の記事を参照してください。

0コメント

  • 1000 / 1000

◆日帰り登山・日帰りハイキングより皆様へ

・当HP各ページの文、登山情報、写真については著作権法により著作物として管理しているため、著作者の許可なく保存および活用、さらに運営・商売や私物化することは認めておりません。

・日帰り登山・日帰りハイキングはここで掲載しているブランドの会社からHP上のリンク作成および掲載について許可を頂いております。